ギター教室開催

 小学生募集中

 3月は、9日・23日・30日にエルシステマ無料のギター教室です。

 楽器も借りられレッスン料も無料です。このシステマでベルリン・フィルの奏者になったり、世界的な指揮者を搬出するなどの高い成果を上げています。

 エル・システマは青少年教育運動の一環で行われています。大人も子供も否定的な言葉を使いません。励ますこと、待つこと、理解すること、聞くことに心がけます。

 教室参加希望者はママハウスまでお気軽にお問い合わせください。

自主上映「2011年3月18日」とパネルディスカッション

自主上映会

午後2時 自主上映会

作品:『2011年3月18日』
場所:武蔵野プレイス 
   JR武蔵境駅南口 徒歩1分 http:// www.musashino.or.jp/place.ht ml
日時:2012年1月7日(土)13:30開場 14:00開演
監督:アニアス・ワイルダー/日本/2011/日本語、英語/34分
内容:3.11、岩手県釜石の沿岸部を襲った津波、行方不明の友人を探す旅。

当日は監督であるアニアス・ワイルダーと小原ナオ子も来場予定!

会費:500円
※収益は諸経費を除く全額を東日本大震災の支援金としてハーティネットとうわに寄付します。

  gyutto_good_action@yahoo.co.jp

担当:田中裕子

パネルディスカッション

第2部 パネルディスカッション 
パネリスト:澤田由佳子さん・富山泰庸さん

■澤田由佳子さん
澤田由佳子さんは3.11の津波で被災された方で、ご自宅が全壊で、父親を亡くされていますが、市職員として今日までその復興に取り組まれています。

■富山泰庸さん 特定非営利活動法人ロッツ代表
LOTS災害支援プロジェクトは、東北地方(一般に被災地と呼ばれる地域)を中心に活動し、物資支援をはじめとし、地域支援やイベント活動を通して被災地の方々の生きる日々の元気と楽しむをサポートしています。

2012年3月11日に被災沿岸部約20カ所を結んで開催される『三陸・笑顔の展覧会』に展示いただける予定です。

 

会場では、リンゴジュースを温めて提供する「ほっとリンゴ」サーブが!

 2011年11月5日「HOPE for Mothers Café @ 釜石」

ジョイセフと組んだイベント!

 釜石市および釜石市教育委員会の後援と企業の協力により、釜石市立甲子小学校の体育館で「HOPE for Mothers Café @ 釜石」のイベントを開催しました。 

  ママハウスでは、大型イベントをジョイセフという団体と取り組んだ初事業でした。企画の段階から数度の検討を行い、ジョイセフと積み上げてきました。

 そして、ママハウスは釜石市と市教育委員会の後援の依頼に奔走するとともに、学校・幼稚園・保育所を始め、市内銀行など丸2日かけてイベントPRに動きました。 

 

 

パネル展示とクイズ実施

 約120組以上のお母さんとお子さんがペアで来場され、普段会えないママ友とあちこちのブースを楽しまれました。母と子の笑顔を広がることをモットーにするママハウスとして、大変うれしい1日となりました! 

 

 ママハウスのブースでは、パネルを展示し、クイズを実施しました。当日は、ママハウスブースには、クイズに挑戦するママも74名が参加されました!  ごった返した中でしたが、ボランティアの3人の大学生はアンケートの手伝い、隣接のキッズコーナーの保育のお手伝いと大活躍でした。

 

 クイズと言えば、なんと第1問は95%のママが全問正解、第2問は97%の方が全問正解でした! 

 さすが、大半の方が全問正解で、数あるプレゼントからよりどり3点をゲットされていましたね。

 

  皆様もチャレンジして下さい。ママハウスにクイズの解答をご持参の方にも、景品を差し上げます!

 

         第1問 妊産婦健診クイズ

1. 釜石病院に助産師外来がある。( はい・いいえ)

2. 助産師外来にかかれる時期は妊娠の26週と34週頃、39週の妊婦さんである。(はい・いいえ)

3. 助産師外来は産後2週間検診と産後1カ月検診である。(はい・いいえ)

4.産後2週間検診では、おっぱいのケアや育児相談・赤ちゃんの体重測定、全身状態の観察である。        (はい・いいえ)

5.産後1カ月検診も行っている。(はい・いい)

6.産後1カ月検診では、おっぱいのケアのほか育児相談も行っている。(はい・いいえ)


        第2問 ママハウス・クイズ

1. ママハウスはしゃべり場コーナーがある。(はい・いい)

2. ママハウスには、助産師さん・臨床心理士さん・看護師さんなどの専門の人がいて、親身に話を聞いてくれる。(はい・いいえ)

3. しゃべり場には、ここで話したことは外には持ち出さないというルールがある。                        (はい・いい)

4. ママハウスには、インターネットに接続したパソコンが有り、WEB検索ができる。(はい・いいえ)

5. ママハウスでは、劇団などが来て定期的に公演が行われる。(はい・いい)

助産師さんによるケア

 

 当日のママハウスブースでは、助産師コーナーも開設され、来場者に手もみケアをされたり、アンケートも実施されていました。

 助産師さんは、妊娠・出産だけでなく、更年期障害・バースコントロールなど女性の生涯を通した健康面についても関わって頂ける存在で、心強いですね。

秋元義弘 岩手県立二戸病院 産婦人科長 講演

ママさんの心と身体のケア

 生命の誕生から、被災地支援まで、幅広いテーマを映像で分かりやすく講演して頂きました。印象的な話は幾つもありましたが、被災者に向けた話では、

 そのまんまで良いんですよ。

 辛い時はなきましょう。頑張り過ぎないで、

 しんどい時は休みましょう。こうでなくっちゃ、こうしなくっちゃでなく、

 頭に来たら、一回だけバカヤロー!

 それでもどうにもならない時、相談する・誰かに話す。

 痛い・苦しいと話すだけでストレスは半減する。そして、

 出来ること仲間・友人を持ちましょう。

 苦しい時に誰かに話すことは、エネルギーが必要だけど。

 

 究極のストレス対策 眠ること! 身体を動かすこと!

 ヤフーブログ
 ヤフーブログ

ママハウスのご案内

施設案内

開館時間;10:00-16:00
休館日:日曜日・月曜日・祝祭日・年末年始(12月28~1月5日)


電話・FAX:0193-55-5422
メール:mamahouse.heita@gmail.com

HP:http://mamahouse.jimdo.com/

ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/mamahouse_heita/